住宅ローン審査速攻承認プログラム
グレーゾーンに挑戦!住宅ローン攻略マニュアル最新版

色々な住宅ローン

銀行のホームページでローンのシュミレーションとともに住宅ローンの金利確認

銀行のホームページには、大概ローンシュミレーションを利用できるページが用意されています。住宅ローンに関しては特に各銀行とも特に力を入れているところなので、ローンシュミレーションが用意されていないほうが珍しいです。住宅購入時ローンを組むことを検討しているのであれば、なるべく多くの銀行のホームページを閲覧すると良いでしょう。


銀行のホームページごとに、ローンシュミレーションは異なります。それは住宅ローンについても同じで、手軽に使えるものからライフプランのシュミレーションをしてくれるものまで、千差万別といっていいラインナップです。もちローン、自分にあったシュミレーションを探す以上に、銀行のホームページを見て回ることは、金利の確認という意味で重要です。


金利の部分で特に重要なのは優遇金利です。金利自体はそれほど大きく異なるということは無いといっていいですが、諸条件を満たしたときに適用される優遇金利があるとないでは年利1%以上の差が出る場合もありますから、細かく見ておくべきです。


住宅は一生ものの買い物ですから、全ての銀行のホームページを見る!というぐらいの入念な調査をしても良いと思います。

色々な住宅ローン

住宅ローンのシュミレーション:労働金庫の場合





住宅ローンシュミレーションは、労働金庫のホームページからも行うことが出来ます。ここでは住宅ローンシュミレーションが出来るホームページの中でも、中央労働金庫のものをご紹介したいと思います。


労働金庫は労働組合などの出資からなる金融機関ですが、その労働金庫も住宅ローンの貸付を行っています。組合員はローンの金利について優遇されるような制度もあります。中央労働金庫のホームページでは、住宅ローンの返済や繰り上げ返済についてのシュミレーションを行うことが出来ます。ホームページ上で色々なタイプでの中央労働金庫の住宅ローンの金利を確認しながらシュミレーションを行えますので、大変参考になります。


ただし、中央労働金庫のホームページでは元利均等返済についてのみシュミレーションが出来ますので、元金均等返済のシュミレーションについてはホームページの金利を参考にして別のシュミレーションを用いて試算する必要があります。

色々な住宅ローン

京都銀行の住宅ローン





サイト上から利用できる住宅ローンシュミレーションの中でも、比較的細かい設定ができて便利なのが京都銀行のものです。住宅ローンシュミレーションに限らず、特に現在京都銀行を利用していたり、利用しやすい環境にいる人は金利や条件を確認する意味でも是非一度は見ておきたいのが京都銀行のホームページです。


京都銀行のホームページから利用できる住宅ローンシュミレーションは、変動金利を想定して3段階まで金利を設定できたり、プランを2つ同じに設定して支払い総額を比較できたりと使い勝手の良いものですが、京都銀行の金利を参照する際に気をつけたいのが優遇金利です。


京都銀行の場合には摘要条件に関する項目が比較的多く、条件がやや厳しいと言えるのですが、その諸条件をクリアする人には全期間型で0.7%、10年・15年固定で1.5%など、かなりお得な
優遇が受けられます。


条件に適合しそうな人は、是非優遇後の金利でもシュミレーションをしてみてください。

住宅ローンのシュミレーションの比較

住宅ローンのシュミレーション:銀行のHPからが一番良い?





住宅ローンシュミレーションは、銀行のホームページを見れば、大体用意されているものです。銀行のホームページにある住宅ローンシュミレーションは、その銀行の金利を選択して代入できるものもあり、大変便利です。しかし、銀行のホームページから利用する住宅ローンシュミレーションは、それゆえに使いづらい部分を持っていたりもします。


例えば、その銀行の住宅ローンの契約の種類に元金均等方式での返済がなければ、当然その方法をシュミレーションするツールは用意されていません。銀行によっては自分のところの現行の金利でしかシュミレーションが行えず、自由入力ができないものもあります。その点縛りのない自主制作などの住宅ローンシュミレーションでは多くのシチュエーションが可能で、自由度が高いものが多いです。


繰上げ返済のシュミレーションを利用できるところが多くないのも銀行のホームページで残念な点の一つです。繰り上げ返済によって予定される収益が減るわけで、銀行としては大手をふって繰り上げ返済を推奨することはまず無いですから、妥当といえば妥当です。しかし、出来れば繰上げ返済もふくめてシュミレーションを行える方がありがたいことは間違いありません。


お互いの利点を活かして、併用で住宅ローンシュミレーションを行っていくのが賢い使い方のひとつです。

住宅ローンの繰上げ返済

住宅ローン、シュミレーションの前に:繰り上げ返済、知っておきたいポイント





住宅ローンは借入れ後も、色々とシュミレーションをして返済計画を考える必要があります。繰り上げ返済についてもしかりで、住宅ローンの契約後とはいえ、タイミング次第で大きく効果が変わりますからシュミレーションは欠かせません。そして、繰り上げ返済に関してはシュミレーション以前に知っておきたいポイントがあります。


まずは、繰り上げ返済手数料についてです。繰り上げ返済に際しては所定の手数料がかかるのが一般的です。支払い総額と比較するとたいした金額ではないのですが、複数回繰り上げ返済を行うとなると、回数分の手数料を払うことになります。早い段階で払う方が当然得をする金額が大きくなるのですが、手数料も込みにしてシュミレーションをしないと思わぬ損をすることになりかねません。さらに遡って、契約段階で繰り上げ返済手数料が安い・かからない住宅ローン契約をするというのもひとつの手段ではあります。


住宅ローンシュミレーションにばかり目がいきがちですが、繰り上げ返済分の金額を運用にまわしたときに、どれくらい利が出るのかをシュミレーションして、比較することも重要です。


結論づければ、シュミレーションには現れないことも含めて、トータルでの損益を考えることが賢い繰り上げ返済への道となります。

住宅ローン シュミレーション

住宅ローンのシュミレーション:FPに頼むのもひとつの手です。





住宅ローンシュミレーションは、いまはWEB上で簡単・即時に行えるものになっています。しかし、例えば変動金利の長期予測やライフプランに合わせた将来にいたるまでの詳細なシュミレーションはなかなか自力では難しいものです。そこで、ひとつの方法としてはFPに依頼する、という選択肢があります。


FPとはファイナンシャルプランナーのことで、金融のスペシャリストです。住宅ローン専門に相談窓口を持っていて、シュミレーションをライフプランも合わせて行ってくれるFPもいます。


住宅ローンは一生を決めるといっても過言は無い契約ですから、出来るだけ慎重に考えたいものです。専門家に任せれば、当然説得力のあるシュミレーションを提示してくれるでしょう。問題はFPに頼んだ際にかかる費用です。


一例を挙げると、ある住宅を専門としたFPのところでは、具体的な購入を考えている人がライフプランを合わせたシュミレーションをしてもらった場合、3万円かかります。この金額が高いか安いかはまさにその人の判断になりますからなんとも言えませんが、自分のシュミレーションでは自信が無い、計算をすること自体が面倒くさいという人には高い金額ではないのではないでしょうか?

住宅ローンのシュミレーションソフト

住宅ローンのシュミレーションソフト:excelの利点





住宅ローンシュミレーションソフトはWEB上で利用できるものが多く出回っていますので、どちらかというとexcelで作られた、ダウンロードできるタイプのものは使っていない人も多いのではないでしょうか。ここでは、住宅ローンシュミレーションをする際に、excelで作られたソフトを使用する利点をお話したいと思います。


住宅ローンシュミレーションソフトで、excelで作られたものの利点としては、数字を入力しなおすことで即時計算結果が入れ替わって表示されることです。WEB上のシュミレーションでは数字の再入力はページを遡ったりしなければならず、やや面倒くさい作業になります。例えば1文字・1数字のみ打ち間違えてしまった際などは、excelで作ったソフトなら、即時に修正が可能です。また、表示結果の保存についての操作が無いものでも、excelであればコピー&ペーストで基本的には別シートに丸ごとコピーしてしまうことが可能ですので、保存のほかにも数字を2次利用することが可能です。


どういった形で住宅ローンシュミレーションを行うかは人それぞれではありますが、ソフトに関してはexcel,web,その他特性を理解して使えれば、さらに便利なツールとなるでしょう。

色々な住宅ローン

中国銀行の住宅ローンシュミレーション





広島・岡山などのある中国地方に拠点を置く中国銀行でも当然住宅ローンは取り扱っており、ホームページからシュミレーションを行うことが可能になっています。


中国銀行ではリフォームローンなども取り扱っていますが、メインとなるのが新規購入に対する借入れ中心のちゅうぎんクイック住宅ローンです。固定金利や一定期間固定金利の利率も参照できますが、シュミレーションにおいては選択肢として全てのタイプにおける金利が参照できるので、便利です。中国銀行のホームページから利用できる住宅ローンシュミレーションは、入力項目も少なく、金利も選択方式で参照・代入の必要が無いため、比較的簡単に使えるものになっています。ただし、変動金利に対応した金利入力が出来ないので、それほど程度の高い予測は出来ないのが残念なところです。


中国銀行のホームページでは、住宅ローンについて月々の返済額だけでなく、返済額からの借入れ金額や借り換え時のシュミレーションも利用することが出来ます。

住宅ローンの基礎知識

住宅の購入後もローンのシュミレーションは逐次行いましょう。





住宅の購入に際しては、多くの人が住宅ローンシュミレーションを行った上で借入れを行うでしょう。多様な金融機関による多様な商品が出ている住宅ローンですから、購入だけでなく借入れもシュミレーションで徹底比較する時代です。


さて、いざ住宅を購入し、ローンの借入れも契約した後でも、シュミレーションは行っておく必要があります。たとえ元利均等での支払いで毎月の支払額が分かっているといっても、ローン以外の出費や金利上昇による未払い利息の発生など、内外からの問題がでる危険は常にあります。適宜シュミレーションを行うことで事前に回避策を講じることができるのです。


これから住宅を購入する人は、この先ローン金利上昇は必至ですので借り換えの恩恵にあずかれるケースは想像しにくいですが、シュミレーションを常に行うことで条件の良いものに借り換えが出来る可能性なども広がります。


計画のみならず、実行後も着地までは予測し続けることで危険回避・あるいは新しい利益の発見に繋がることもありますので、ぜひ、住宅購入後もローンシュミレーションは欠かさずに行いましょう。

現状から考える住宅ローン

住宅ローンは金利上昇を視野に入れてシュミレーションしよう。





住宅ローンの契約は大きく分けて固定金利と変動金利のものがあります。変動金利においては下降、上昇の動きを予測し、シュミレーションをしなければ綿密な返済計画は立てられません。昨今の住宅ローンはフラット35の発売に伴い長期固定金利タイプが出回ってはいますが、当初指定年数を固定金利で、その後変動金利を適用するというタイプにも人気があり、金利の上昇下降を含めてシュミレーションして、借入れをしたいところです。


ご存知のように、ゼロ金利は解除されましたが、今のところは住宅ローン借入れに有利な超低金利といってよい状態が持続しています。だからこそ難しいのが金利の動向予測で、上昇は間違えないとしても、その幅をどのあたりに持ってきてシュミレーションするかで大きく負担の予測が変わってきます。ゆるやかな金利上昇を考えるか、急激なインフレに備えるか・・・。もちローン金利上昇幅を広く設定しておく方が安心ですが、実現不可能な返済額になってしまう可能性が高まります。


博打を打って損をするのは嫌い!という人は、無難に長期固定金利を選ぶのが間違いないと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。